防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME防犯カメラ活用方法・導入情報 > おすすめの防犯カメラ

このページのオススメ防犯カメラパソコン用バナー

このページのオススメ防犯カメラスマホ用バナー

おすすめの防犯カメラ10選

おすすめ防犯カメラ

このページでは【おすすめ防犯カメラ10選】と称して、おすすめのメーカーから、屋外用のおすすめ防犯カメラ3台、屋内用のおすすめ防犯カメラ3台、おすすめの小型カメラ1台、おすすめの防犯カメラ専用レコーダ3台をご紹介いたします。
このページのオススメ防犯カメラは主に工事が必要なタイプのものです。
宅内のペット見守りのような防犯カメラは掲載しておりません。
また、そういったおすすめペット見守りカメラ等は別ページでご紹介させていただきます。
更に【おすすめの防犯カメラ設置方法】をランキング形式で3つご紹介いたします。
防犯カメラの専門店である株式会社トリニティーだからこその「おすすめ」をご紹介させていただきます。
弊社は機器だけでの販売はしておりません。
設置工事もあわせてご提供させていただいております。

何をもっておすすめ防犯カメラなのか?

本当におすすめの防犯カメラって?

よく、おすすめの〇〇10選とかおすすめ〇〇ランキングなどというアフィリエイトサイト(※1)が存在しており、皆様もよく目にすると思います。
そのようなサイトで紹介される商品は広告収入の高いものや写真の見栄えが良いものや、謳い文句が奇抜なものが取り上げられており、実際におすすめなのかというとぜんぜんおすすめじゃなかったりするものが取り上げられています。
こういったサイトにひかかって粗悪な商品を購入してしまったり、ネットショップなどでも巧妙に仕込まれた嘘の評価を信じて価格に合わないレベルの商品を購入してしまったりした経験が皆様にもあるのではないでしょうか。
このページでは、実際に弊社がお客様に販売してご評価を頂いている防犯カメラを正直におすすめさせていただくページです。
編集・構成は株式会社トリニティー代表の兼松です。

※1 アフィリエイトサイトとは売上の一部を広告費としてもらっている広告サイトです。

おすすめの屋外用防犯カメラ

400万画素屋外用防犯カメラ
TR-451VQ
メーカー:トリニティー

220万画素小型赤外線カメラ「TR-451VQ」

フルハイビジョンの約倍である2Kレベル400万画素の超高画質な映像で撮影可能なバレット型の屋外用赤外線カメラです。
約30~90度の範囲で撮影を調整することができます。
夜間はソニー製イメージセンサ「スターヴィス」で白黒ながらもクリアな映像を撮影することができる機能を有しています。
弊社が製造する防犯カメラの中でもっともハイスペックな屋外防犯カメラですが、かなり価格を抑えることができています。

おすすめポイント

トリニティーが少しでもお客様に良いカメラを安く提供できるようにと開発したモデルです。
見た目などはあまり特徴がありませんが、400万画素でソニーのイメージセンサが入っているにも関わらず非常に安価に導入できるカメラです。
おすすめのポイントは「安さ」と「400万画素品質」です。

200万画素屋外用ドーム型防犯カメラ
TR-302VQ
メーカー:トリニティー

220万画素アンチバンダル赤外線ドームカメラ「TR-302VQ」

フルハイビジョン画質のクリアな映像で撮影可能なドーム型屋外防犯カメラです。
撮影したAHD・TVI・CVI・アナログ画像信号をレコーダーに送信。
非常にきれいな映像を記録することができます。
コマンド操作がケーブルではなくドームの中に内蔵されました。
圧迫感の少ないドームカメラは犯罪の抑止力は小さいですが、来客のあるような店舗ではその外観が喜ばれるデザインとなっています。
弊社のロゴデザインがプリントされました。
手前味噌ですが、画質もよく故障率も少ないので安心して納品できるカメラです。

おすすめポイント

こちらも価格を重視した200万画素のスタンダードモデルです。
屋外にも屋内にも設置できるタイプで、赤外線が発行し夜間の撮影もバッチリの屋外防犯カメラです。
アンチバンダルなので壊されにくいモデルです。
おすすめのポイントは「安さ」と「品質」と「堅牢性」です。

屋外用ネットワークカメラ
「WV-SPW311AL」
メーカー:パナソニック

屋外ハウジング一体型ネットワークカメラ WV-SPW311AL

屋外ハウジング一体型のLANケーブルで繋がるタイプの屋外ネットワークカメラです。
ダイナミックレンジが133dBあり、照度差の大きい被写体でも画素単位で明るさを補正し、より自然な画像で撮影できるスーパーダイナミック機能を搭載しているので明暗の強い場所でも安心です。
このカメラは本当にたくさんの場所に設置工事をさせていただきました。
少し設置方法が特殊なので最初は戸惑ったのも良い思い出です。
郵便局や市立の保育園などはほとんどパナソニックで入札が決まっており、そういった場所で工事が決まると数ヶ月、ずっと郵便局、ずっと保育園で作業という状況になっていました。
取り付け台座は別売りになっていますが、レンズは内蔵されています。
この機械は在庫品のみとなっているようです。
後継機種は「WV-S1531LNSJ」などです。

おすすめポイント

このカメラは価格はまあましますが、見た目が非常にかっこよく、建物に設置されていると、見る人が見ればいいカメラ使っているとすぐに分かる防犯カメラです。
高級感があり、設置されている建物全体の見た目も好印象になるでしょう。
おすすめのポイントは「見た目の高級感」と「品質の高さ」です。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

おすすめの屋内用防犯カメラ

コンパクトドームネットワークカメラ
WV-S3130J/WV-S3110J
メーカー:パナソニック

ドームネットワークカメラ WV-SFN130

コンパクトな筐体で高画角を実現した小さなドーム型のパナソニックネットワークカメラです。

動きの少ない画像部分でのHDDに保存するデータ量を低減したり、低照度環境下でのノイズを除去するパナソニック独⾃のデータ量削減技術により、データ転送負荷の低減を実現。

おすすめポイント

おすすめの理由は、業務用のパナソニックブランドの中でも価格がこなれていること。
また、カメラ自体が小さくどんな場所にもフィットするサイズ。
バリフォーカルではないが、スッキリとした外観で建物などの出入り口では非常にスッキリと設置ができる。
おすすめのポイントは「サイズ・外観」と「安さ」です。

400万画素アンチバンダル赤外線ドームカメラ
「TR-351VQ」
メーカー:トリニティー

220万画素アンチバンダル赤外線ドームカメラ「TR-351VQ」

400万画素(2K画質)で撮影したAHD画像信号をレコーダーに送信。
非常にきれいな映像を記録することができます。
暗い場所でも明るく撮影ができるソニー製イメージセンサ「スターヴィス」内蔵、赤外線と合わせて0ルクスで利用できます。
圧迫感の少ないドームカメラは犯罪の抑止力は小さいですが、来客のあるような店舗ではその外観が喜ばれるデザインとなっています。

おすすめポイント

実は屋外でも設置可能モデルです。
おすすめする理由は、最新のソニー製イメージセンサ搭載にも関わらず価格がしっかり抑えられています。
夜間の映像はとても明るく、暗い室内でもしっかりと撮影できます。
おすすめのポイントは「夜間の明るさ」と「価格」「品質」です。

2メガピクセルドーム型AHDカメラ
「HCD-6080KRN」
メーカー:ハンファ

HCD-6080KRN

HCD-6080KRN」は、2メガピクセルの解像度を持ったドームタイプの屋内用赤外線搭載カメラです。

おすすめのポイント

このおすすめ防犯カメラはサムスン(現在のハンファ)製で品質も高く、映像が綺麗です。
見た目の工業デザインも高くしっかりとしたバランスの良い防犯カメラです。
おすすめのポイントは、「デザイン」「高い品質」です。

おすすめの小型防犯カメラ

200万画素小型カラーカメラ
「SCC-004H」
メーカー:トリニティー

200万画素小型カラーカメラ「SCC-004H」

小さなボディながらフルハイビジョン画質で撮影可能な、隠しカメラに最適な小型防犯カメラです。
200万画素で撮影でき、録画も可能。
AHD・TVI・CVI・アナログ方式のレコーダーと直結することができます。
加工して天井裏などに設置することができます。
またこの映像をレコーダーにつなぎ、スマホやパソコンに飛ばして遠隔監視することも可能です。

おすすめのポイント

工事をするときに加工をしやすく、様々な場所にキレイに収まります。
小型の防犯カメラは対象者に見つからないようにする必要があります。
火災報知器型の小型防犯カメラもありますが、やはり社内不正や横領などを行っている人が小型防犯カメラが設置されていることに気付かれないようにするためには様々な工夫が必要です。
おすすめの理由は、「加工しやすいこと」「操作が簡単」「安い」です。

おすすめの防犯カメラ専用レコーダー

4CH AHDレコーダー
「HRD-440KN」
メーカー:ハンファ

HRD-440KN

HRD-440KN」は、AHDカメラ4台を接続できるネットワークビデオレコーダーです。
AHDの防犯カメラと同軸ケーブルでつながり、最大400万画素の画質で映像を記録することができます。
弊社では、非常に販売台数の多いモデルです。
スマホでの遠隔監視が月額無料でできるサービスが付属されています。

おすすめポイント

このレコーダーのおすすめポイントは、AHDだけにとどまらず、TVIやCVI、アナログにも対応していることです。
同軸タイプのカメラに接続するのであればほとんどの信号を受け取り録画ができます。
おすすめのポイントは「ダイバーシティ」と「価格」「操作性」「24時間365日操作サポート」です。

ネットワークディスクレコーダー
WJ-NX100
メーカー:パナソニック

ネットワークディスクレコーダー wj-nx100

最大24台のネットワークカメラの映像と音声を記録することができるネットワークディスクレコーダーです。
panasonicのネットワークカメラレコーダーの中で最もお値段が安く、お求めやすい機種でもあります。
POE内蔵でカメラとレコーダーをLANケーブル一本で繋ぎます。スマホアプリで遠隔監視も可能です。

おすすめポイント

このWJ-NX100のおすすめポイントは完全に「価格」です。
しかもPoE機能が内臓なので別途PoEハブが必要ありません。
機能が制限されていますが、かなり価格が安いのでお求めやすく、それでいてパナソニック品質なのでおすすめです。

16CH AHDレコーダー
「HRD-1641KN」
メーカー:ハンファ

HRD-1641KN

HRD-1641KN」は、AHDカメラ(TVI、CVIも接続可)16台を接続できるネットワークビデオレコーダーです。
最大400万画素の防犯カメラを最大16台接続できます。
弊社では非常に販売台数の多いモデルです。
スマホでの遠隔監視が月額無料でできるDDNSサービスが付属されています。

おすすめポイント

このレコーダーのおすすめポイントは16chの大容量レコーダーなのに「小さい」ということです。
そしてもう一つのおすすめポイントが「高品質・高機能」ということです。
この製品はもともとサムスンが製造、企画しており、世界中でかなりの数のロット数を出荷している企業になります。
スマホでの遠隔監視もバッチリで、アイフォン、アンドロイドに対応しています。
それは国内メーカーの出荷台数の比ではなく、よって故障率もかなり低くなっています。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

おすすめの防犯カメラ導入方法3選

防犯カメラを家や会社に取り付けるには、やはりその作業が発生します。
部屋の中においておくwifi接続タイプのペット見守りカメラなどは全く工事が要りませんが、やはり防犯カメラは一般的に屋外に設置するもの。
大掛かりな配線工事が必要になることも多く、なかなか素人ではやりきることができません。
ただ、ネットで調べると防犯カメラを家や会社、工場に設置するとなると実に様々な選択肢があります。
それらを解説し、幅の広い選択肢からあなたに合った防犯カメラの購入方法を選びましょう。

おすすめ防犯カメラ導入方法1 レンタル

おすすめはレンタル

レンタルは最近では最もポピュラーな導入方法になりました。
初期費用無し(※)、月々のレンタル料金を支払うだけで故障時も無償対応、業者さんが、防犯カメラ設置場所に来てくれて修理もしてくれます。
弊社の場合はHDDなどの消耗品も無償出張交換。手間がありません。
また、事業をされている方はレンタル料金をすべて経費で処理することができお得です。
マンションやアパート、月極駐車場や貸倉庫など賃貸物件に設置する防犯カメラはレンタルで導入される方が多いです。
(※ 個人宅は工事費が初期費用としてかかります。)

マンション・アパートの防犯カメラレンタル

マンション・アパートの防犯カメラレンタル

介護施設の防犯カメラレンタル

介護施設の防犯カメラレンタル

教育施設の防犯カメラレンタル

教育施設の防犯カメラレンタル

マンション・アパートの防犯カメラレンタル

マンション・アパートの防犯カメラレンタル

おすすめの防犯カメラ導入方法2 リース

おすすめはリース

リースは販売店とユーザーとリース会社が3者間で契約する賃貸契約です。
一般的には販売店がおすすめする契約のリース会社を通して月々の料金を支払います。
災害(落雷や風水害、火事)などで壊れたときの保証はある程度ついていますが、自然故障や消耗品の故障には保証がついていないため、サービスを受けているというよりかは、商品を借りているという状態です。
ですので様々なサービスのつくレンタルよりかは割安といえるでしょう。
リースもレンタルも基本的には所有権はリース会社・レンタル会社のものですので今の時代には合っていると言えます。
所有しないことで、固定資産税などが発生せずその年の経費にするやり方ですね。

おすすめの防犯カメラ導入方法3 購入してDIY

おすすめはDIY

自分で買って自分で付ける、もっとも料金が安くて済む方法です。
ある程度DIYによる電気配線工事が得意な方はご自身で設置工事をするのがおすすめです。
ただし、防犯カメラを購入する際、ネットショップだと海外製の粗悪品を掴まされる可能性があります。
機器の選定はある程度の値段のものを購入するように気をつけてください。
以下にDIYで防犯カメラを設置された方のブログでとても詳しく書かれていらっしゃる方がいたのでご紹介します。おすすめです。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

おすすめ防犯カメラ まとめ

みなさん、おすすめの防犯カメラ10選そしておすすめの防犯カメラ導入方法3選、いかがでしたでしょうか?
最近は、アフィリエイトで過剰なSEO対策が施された広告ブログが多いなか、当サイトに訪れていただけた方はどのように感じていただけたでしょうか。
私達は防犯カメラを様々なお客様にご提供させていただいており、どういった防犯カメラを設置すればしっかりと長く使っていけるかを熟知しております。
少しでもお客様が今後、防犯カメラを選ばれるときの参考になればと思います。
弊社がおすすめする防犯カメラは、すべて弊社で購入可能です。
なぜならオススメできるからです。
お客様に壊れない長い期間使える良いカメラを提供すれば、自ずと評判が広がりお客様が増えます。
弊社はそうやってシェアを伸ばしています。
ぜひ弊社の防犯設備士がおすすめする防犯カメラの購入、レンタル、リースをご検討ください。

【おすすめの防犯カメラ】よくあるご質問

使用期間とスペックが合っていないカメラの選択はやめた方がよいです。
長く使うのであればそれなりの商品を使いプロに工事をしてもらいましょう。

見積もりを2社以上とり比較するのが良いと思います。大手警備会社とトリニティーのような専門店と両方で比較できると良いです。

長く使うのであればレンタルがおすすめです。
初期費用0円で導入でき、期間中の保証がしっかりとしています。


防犯カメラの販売・取付やメンテナンスは関東・中部・関西全域で