防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページQ and A > 今つけているカメラが夜間暗くて映らない。いい方法はないか?
防犯カメラの専門店 費用と実績

防犯カメラが夜間暗くて映らない

防犯カメラの映像が暗いのであれば交換するか、センサーライトや防犯灯で被写体を明るくします。
できれば現状のカメラを高感度カメラに交換することをお勧めします。

カメラ選びの失敗でよくあるのは、広い範囲の屋外撮影を赤外線照射機能付きの防犯カメラで行なう時に起こります。
周辺がある程度明るければ問題ない場合もありますが基本的に赤外線は可視光に比べて波長が長いため散乱しにくい(広がらない)性質があります。
簡単に説明すると赤外線はまっすぐに飛んでいくので撮影された映像の中心部は明るいけど、映像の縁は暗い、といった状況になります。
広い場所を満遍なく撮影するには高感度カメラが最適です。ただし光源を持たないため0ルクスでの撮影はできません。

暗い夜に赤外線で撮影された映像(トリニティーオリジナル防犯カメラ)

上段が、晴れた夜の映像で下段が雨の日の夜の映像です。雨の日のほうが若干暗いのがわかります。
これは、赤外線が白いものに反射する特性を持っており、アスファルトが濡れて黒くなるため反射率が下がるのが理由です。

カメラ選びについて

弊社にお電話をくださるお客様の中で『通販で防犯カメラを購入したがうまく映らないのでなんとかして欲しい』といったご相談が多くございます。
弊社で取り扱っているカメラは数百種類ありお客様の状況により選別してご提案しております。
ネットショップのあらかじめ決められた防犯カメラセットではうまく設置できない、映らないのは当たり前です。ネットショップで購入する前にぜひご相談ください。

レンタルでの入れ替え

現在設置されている防犯カメラの入れ替えはぜひレンタルをご利用ください。

個人向け一戸建て住宅の防犯カメラレンタル

企業・個人事業主のための防犯カメラリース

メンテナンス付防犯カメラレンタル

短期レンタル防犯カメラ

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

設置工事ができる範囲

防犯カメラセンターでは全拠点を合わせると、関東・中部・関西全域で防犯カメラの設置工事が可能です。