防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME AI防犯カメラ > AIカメラが自宅への侵入者をLINEで報告

AIカメラが自宅への侵入者をLINEで報告

TRINITY AI 人検知システム × 自宅

AIカメラシステム「TRINITY AI 人検知システム」の自宅での活用方法について紹介させて頂きます。
特に小さいお子様がいる方や認知症の方がいらっしゃる家では、家族の安心のためにもAIカメラがとても役立ちます。
自宅に設置した防犯カメラに侵入者が映るとその瞬間を管理者へLINEで通知。
LINEの普及率が高まる現代のニーズに合った通知方法が自宅の管理をより手軽で安心なものになります。

LINE通知のAIカメラがご自宅にさらなる安心を

AIカメラと自宅

防犯カメラが抑制してくれる犯罪は多岐にわたり、防犯カメラの存在は私たちの暮らしにたくさんの安心を与えてくれました。
その安心をさらに進化させたものが弊社の開発したAIカメラです。
防犯カメラでは起こっていることを録画することができるので、証拠として事件解決に大きく貢献することができたり、撮影されることを嫌がる人の心理により、犯罪や嫌がらせなどの迷惑行為を事前に抑制することが出来ました。
今回紹介させていただくAIカメラには、人検知システムが搭載されており、人に立ち入ってほしくない場所を警戒エリアとして設定することにより、警戒エリアに人の立ち入りを感知した場合、AIカメラが静止画を撮影し、事前に登録していただいたお客様のLINEもしくはLINEグループにリアルタイムで送信いたします。

AIカメラで侵入者を把握する

TRINITY AI 人検知システムは、設定していただいた警戒エリアに人が侵入するとLINEで通知が届きます。
自宅の玄関先や裏の勝手口、駐車場と金庫の前だけなど、防犯カメラが設置してある場所であれば、幾つもの場所を細かく警戒エリアとして指定していただくことが可能です。
(ほとんどの場合は、敷地内の屋外である庭やエントランスです。)
AIカメラが不審者の姿を撮影してくれるので、自宅で起こっている状況をどこにいても把握することができます。
また、人物をしっかり撮影し、報告してくれることによって、誰が警戒エリアに近づいているのかが分かるので、冷静な対応をすることができるようになります。

誤認識の少ないAIカメラの秘密

今までの人の検知は、動くものを認識する動体検知システムや、熱を感じることで認識する赤外線検知システム、いわゆるセンサーが主流でした。
しかし、従来の動体検知システムや赤外線検知システムでは、動物の体温に反応してしまったり、ボールなどの動くものに反応してしまうため、人だけを選び認識したり、知りたい情報以外を制御するという事が出来ませんでした。
弊社の開発したAIカメラでは、AIに人の情報を徹底的に教え込むことで、AIカメラが人であるかどうかを見極めるための高精度な人検知システムを完成させることに成功しました。
以前までの様々な検知システムよりもより確かで誤認識の少ないAIカメラのため、余計な情報がなく、煩わしい思いを軽減しました。
太陽光発電施設の現地見回りの回数を減らすことも可能です。

AIカメラで大切な家族を守る

AIカメラで家族を守る

自宅には、大切な家族やペット、大切な方から貰ったプレゼントなど、本当にたくさんのものが詰まっています。
仕事や学校など、それぞれが日常を終えて家に帰ると出迎えてくれる家族はかけがえのない宝物です。
大切な家族を守るために、ぜひAIカメラをご活用ください。

認知症の方の無断外出を監視

認知症と診断される人は年々増加しており、高齢になるほど認知症になるリスクが高くなり、85歳以上では55%以上の方が発症する恐れがあるとも言われており、他人事ではない身近な病気なってきました。
また、認知症の患者を受け入れている施設でも、徘徊や暴言などの行為がある場合は入居を拒否されるケースが多く、自宅での介護を余儀なくされるといいます。
外出をした認知症患者の方が迷子になって行方が分からなくなってしまうケースは後を絶ちません。
そのような事態にも対応できるのが自宅にとりつけたAIカメラの人検知システムです。

自宅の出入り口付近にAIカメラを設置することで、認知症患者の方が無意識に外出してしまってもLINEでご家族の方にメッセージが届きます。
深夜の時間帯であっても、スーパーへ買い物に出かけた時であっても、AIカメラが即座にLINEで報告してくれるので、すぐに対処ができるようになります。
また、外出時の姿が写真になって送られてくるので、万が一行方不明になったとしても、現在の服装、髪型などの細かい特徴を警察と共有することができ、問題の早期発見に貢献します。

出典
認知症の現状と将来推計_三菱UFJ信託銀行
認知症の人の介護についてのお悩みや体験談_NHK

留守中の自宅の管理に

お仕事やご趣味の関係でご自宅を留守にされることが多い方にもAIカメラは大変おすすめのアイテムです。
人気のないことが多い一軒家は空き巣に狙われやすく、出張や旅行の多いご家庭では防犯カメラを設置している方が増えてきています。
しかし防犯カメラは、犯罪を抑制する効果はあるものの、防犯カメラだけではプロの空き巣に狙われたときには守ることは出来ず、事件の証拠映像として事後に使用する役割となっていました。
保険に入っていれば金銭的な保証はしてもらえますが、思い出の物だったり、手作りの贈り物などは金銭的な問題だけには留まりません。
空き巣に入られたとしても、すぐに気づき、対処することが出来れば、被害は最小限に抑えられます。

そこで活躍するのがAIカメラです。
弊社のAIカメラは曜日や時間帯が指定できる機能も搭載しており、ライフスタイルに合わせた設定が可能です。
お客様がご自宅を留守にされている間も、ご自宅に何者かが侵入した時にはリアルタイムでLINEに証拠写真が届くので、すぐに家に帰れない場所でも警察に出動要請をすることができます。
このようなサービスは以前からありましたが、誤情報などもあることからあまり世の中には浸透していきませんでした。
今回の人検知システムではAIアルゴリズムに人という情報を教え込み、極限まで誤情報、誤報を抑え込みました。
さらに報告をメールからLINEに移行したことで、より情報に気づきやすくなったことも大きな進歩といえます。

レンタルAIカメラで留守番しているお子さまを見守る

核家族化が広がる現代では、夫婦共働きの家庭も多く、小学校に入ることをきっかけに鍵を渡し、保護者のいない留守宅に帰宅し、ひとりで留守番をしているといいます。
昔に比べて早い段階で留守番をする子どもたち、いくら鍵の使い方を教えても、なにかに気をとられてしまえば施錠することも忘れてしまうなんていうこともあり、防犯面では安心することはできません。
そのような家庭の事情が増えていることもあり、留守中のお子さまの見守りのため、防犯カメラを設置する家庭も増えています。
出来事を録画する従来の受け身型の防犯カメラに対して、弊社のAIカメラは警戒エリアに人が侵入した時にはLINEに人物の写真を送信する自己発信型の防犯カメラです。
小学校低学年までのお子さまは気が散りやすく、出かける時や帰ってきた時には報告するとか、インターフォンには応対しないなどの約束を確実に守れるわけではありません。
そんな時は自宅の玄関先にAIカメラを設置しておくことで、毎日のお子さまの帰宅、お出かけの様子を忘れることなく知らせしてくれますので、連絡がないことに気をもむことが無くなります。
人に反応する人検知システムを搭載しているAIカメラなので、配達員でも不審者でも、人を認識し、逃すことなくLINEで報告します。
弊社のAIカメラは、設置工事費などの初期費用不要のレンタルサービスがございます。
お子さまが小さいうちだけ利用したいといった場合にも、月額3300円からお気軽に最新のAIカメラをお試しいただけます。
現在ご自宅に防犯カメラが無い方の場合も、別途工事費用はかかりますが弊社で防犯カメラの取り付けからAIカメラの設定をさせて頂くことがレンタルでご利用出来ますのでご安心ください。
家庭用レンタル防犯カメラの詳細はこちら

AIカメラは既存の防犯カメラに取り付けられる

自宅の防犯カメラにAIシステムを追加

AIカメラといっても、今お使いの防犯カメラを買い替えていただく必要はございません。
防犯カメラのデータを録画、保存しているHDDレコーダーにAIカメラの機器を接続していただくことによって、HDDレコーダーに送られてくる映像データに人の存在があるかを検知し、判別していきます。
そのため、弊社の防犯カメラでなくてもAIカメラを作動させることが可能です。
今あるものに新たな機能を追加させることができるので、コストにも環境にも優しく、設置作業もスピーディーに行うことができるため、お気軽に導入していただけます。

警戒エリアを決める

人を認識し、人による出入りがあった場合に報告する領域を警戒エリアといい、防犯カメラに映るすべての人を検知しLINEで報告することができます。
初期設定時には警戒エリアを決めていただきます。
AIカメラが人と認識するためには、全体の80%が映像の画角内に入る必要があります。
どこを警戒エリアにして、なにを守りたいのか、現地に伺いますAIカメラのエキスパートにご相談ください。
また、人が侵入してしまうと随時LINEに通知が届くため、必要でない時間帯や曜日をお客様の用途に合わせて細かく設定することができます。
ご自宅の玄関と勝手口の入口を深夜から朝方まで、仕事で外出している日中の時間帯に全領域監視しててほしい、などなど、お客さまのライフスタイルに合わせてAIカメラを設定いたします。

LINEで通知されるメリット

自宅への侵入者をLINEで警告

今やLINEはプライベートでの連絡方法だけではなく、会社、取引先とのやり取りとしても多く活用されています。
中には「メールは来ていても気付かないけど、LINEならすぐに見る」というような方もいるのではないでしょうか。
LINEへ通知がくるという点においてのメリットをご紹介します。

検知画像はグループラインで共有できます

弊社のAIカメラの特徴はLINEに現場の画像が送られてくることにあります。
従来のAIカメラではメールが主流でしたが、メールでは気づきにくいことが多く、せっかくの情報も気がついたのは何時間も後だったという問題が頻繁に発生していました。
その点LINEでは必要な情報の整理がしやすかったり、ビジネスの場面でも電話として使用されているため、こまめにチェックしたり、反応しやすくしている方が多いため、弊社はLINEを使ってメッセージを送れるように開発を進めました。
さらにLINEでは画像を開くのにダウンロードする必要がなく、瞬時に状況を確認することが必要となる、AIカメラとの接続に非常に適していました。
AIカメラから送られてきた画像は他の画像と同様に、グループラインに転送することができるため、家族間での状況の共有もとてもスムーズになりました。
一括で関係のある人に現場の写真を送ることができるのは、いち早い状況の解決に繋がり、とても安心できる機能のひとつです。

しつこい勧誘やセールスもLINEで確認

ご自宅にAIカメラをとりつけた時に便利になるのが、不要な来客への対応です。
ごはん時やお片付け時のいそがしい時間や、一日が終わりゆっくりリラックスしている時間、そんなひと時にしつこい勧誘やセールスが尋ねにきて、何分も話しを聞かされたという経験はありませんか?
そのような人への対応のひとつとして防犯カメラを設置される方も少なくありません。
AIカメラなら、来客の姿をLINEに画像にして送ってくれるので、わざわざインターフォンのモニターまで足を運ぶ必要もありません。
ソファーに座ったまま、LINEを見れば来客が誰なのかを確認できるので居留守を使うのに、足音を気にして静かに歩く必要もなくなります。

自宅で起きたトラブルの例
何度も覗きに来ている人影

以前、AIカメラをレンタルしていただいたお客さまの中に、マスク姿に帽子をかぶった女性が何度も家を覗きに来ているので、なにをしているのか直接話しを聞きたいとご依頼をいただくことがありました。
既存の防犯カメラでは姿をとらえられるものの、いつもマスク姿に帽子を被っていて顔が確認出来ず、なにか被害を受けているわけでもないので、警察にはパトロールの強化くらいしか出来ないと言われたそうです。
気味が悪いのでやめてもらうように話したいのですが、出没が不規則なので気づくのはいつも遅くなってしまうようです。
そのような事態を解消するべく、弊社の防犯カメラをレンタルでご利用してくださっていたこともあり、今回AIカメラの契約へと至りました。
AIカメラが不審者を検知し、LINEに報告があったタイミングですぐに外へ出て、直接お話しをすることができたそうです。
(※不審者との直接の交渉は、危険が及ぶ可能性があります。警察に相談したうえで対処方法を決めてください。) 女性はピンクのものが好きで、家の外壁がピンク色であることに感動して見入ってしまっていたそうです。
AIカメラをご利用いただいたお客さまとしても理由が知れたことでネガティブな感情はなくなり、ホッとしたとご報告いただきました。
AIカメラを導入し、ご自宅がさらに安心できる場所になるよう、弊社のAIカメラのエキスパートが尽力いたします。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

自宅以外でのAIカメラ活用シーンについて

このページでは自宅で活用できるAIカメラの可能性についてをご紹介させて頂きました。
トリニティ―のAIカメラシステムは、既存の防犯カメラに付属することが出来る上、誤認通知を極力抑えられるようAIに人をしっかりと教え込んだ画期的なAIカメラです。
様々な場所で活躍が期待できるAIカメラについてを下記ページにて随時更新しています。
宜しければご覧ください。