防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME防犯カメラの種類オプションカメラ用電源 > カメラ用電源「PS-2520S」

カメラ用電源「PS-2520S」

製品情報

PS-2520S」は、防犯カメラ・レコーダーの設置工事の際に最適なDC12Vカメラ電源です。
背面についているスイッチでCD12Vと13.8Vの出力を切り替えることができます。
一般的な防犯カメラは12ボルトの1アンペア以下で作動します。
この装置は、複数台の防犯カメラに電源を供給することができます。
ACコンセントを2口付属しているためAC出力が必要な機器の設置にも便利です。

PS-2520S 製品写真

PS2520S

保護回路を内蔵

PS-2520Sには保護回路が内蔵されています。
定格以上の電流が流れた時は自動で電源がオフになるので過電流による故障を防ぎます。
その後手動で電源をつけることで再稼働します。

2口のACコンセントが付属

本体にはACアウトレットコンセントが2つ付属されていて、最大300Wまで使用可能です。
この部分に防犯カメラ専用レコーダーの電源と、モニターの電源を差し込むことで、配線をスッキリさせることができます。
また、DC12とDC13.8Vを切り替えて使うことが出来るので、カメラまでの配線距離が少し長い場合などは出力を高めることによって安定した電流電圧をカメラに供給することができます。

カメラに電源を安定供給

防犯カメラには必ず電源が必要になります。ただしカメラの種類によってその供給方法は異なります。
例えばPoE対応のWEBカメラ。PoE対応のハブからLANケーブルを使ってデータの送受信から電源のカメラへの供給を行います。
他にも電源重畳装置というものがあり、同軸ケーブル一本で映像データの送信から電源の送受信まで行う装置もあります。
このPS-2520Sは、一般的なAHDやCVI、TVIカメラなどに12Vの電源供給を行ったり、ネットワークカメラでもPoE対応ではない12ボルトで動作するカメラに利用できます。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

製品仕様

定格入力電圧 AC90~120V
周波数 50Hz/60Hz
消費電力 110W (連続DC12V/5A時)
定格出力電圧 DC12V / 13.8V
出力電流 5A
過電流保護 定格電流の110%で動作、自動復帰
動作表示 0%で動作、自動復帰
ヒューズ AC4A
動作温度範囲 -10℃~+40℃
動作湿度範囲 20%~90%RH (※結露が無い状態なことを前提としています)
重量 167(幅)×54(高さ)×157(奥行き)mm
重量 1.12kg

愛知・岐阜・三重・静岡・山梨で防犯カメラの設置実績多数有り

弊社は名古屋市に本社をおき、中部エリアでは主に愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、山梨県にて防犯カメラのご提案から設置工事、アフターメンテナンスまでを一貫して行っております。
防犯カメラのエキスパートが皆様の元へお伺いし、設置環境・用途に合わせた防犯カメラの設置をご提案しております。
関東での防犯カメラ設置については関東防犯カメラセンターのホームページをご覧ください。

防犯カメラのメーカーとしての側面も持つ弊社は、防犯カメラの取付工事の他企画・製造も行っております。
防犯カメラの専門店として豊富な品揃えと高い技術・知識で皆様のセキュリティを守るサポートをさせて頂きます。
中部圏・関東圏で防犯カメラの設置ならトリニティーにおまかせください。