防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページQ and A > リースで設置した防犯設備が台風(落雷)で故障した場合の費用。

リース設置した防犯設備が台風(落雷)で故障した場合(動産保険)

通常、リースで導入したい機材(防犯カメラだけではなく)は動産保険というものが付きます(リース料金に含まれています)。
弊社が取り扱うそれぞれのリース会社では、主に以下の障害での動産保険が適用されます。

  • 火災
  • 盗難
  • いたずら
  • 破裂・爆発
  • 落雷
  • 風水害

ゲリラ豪雨などが増えたため落雷による被害は特に多く、弊社では数千件のお客様がありますのでひと夏に数件から数十件の保険適用を受けております。
ただ、保険対象とならない災害(地震等)人災(盗難されて被害届を出していない場合)もありますので、契約時によくご説明を聞いていただければと思います。

また、他社でリース契約をして動産保険を使わないといけない場合にもお力になれる場合がありますので一度ご相談ください。

防犯カメラの料金

弊社ならレンタルも保証

弊社の場合、リースではなく、レンタルの場合も自然災害による設備の故障に対し保証が付きます。

個人向け一戸建て住宅の防犯カメラレンタル

企業・個人事業主のための防犯カメラリース

メンテナンス付防犯カメラレンタル

短期レンタル防犯カメラ

レンタルの動産保険

レンタルの動産保険が適用されるのは風水害ばかりではありません。
泥棒に盗まれた場合、何者かに壊された場合、火事による故障(地震以外)など様々です。
詳しくはお問合せください。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

防犯カメラをリース契約 会社(個人事業主)のみ

会社(個人事業主、マンションオーナーさんも含む)の場合、現金でのお支払い以外にも、お得なリース制度を利用することもできます。
リース料金の中には物品代金の他に、固定資産税、動産保険、金利が含まれており、現金で購入するよりはやや割高ですが初期費用なしで導入できるため多くの経営者様に喜ばれております。
リースには5年リース、6年リース、7年リースがあり、お客様で選んでいただくことができます。

設置工事ができる範囲

防犯カメラセンターでは全拠点を合わせると、関東・中部・関西全域で防犯カメラのメンテナンス・修理工事が可能です。