防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページQ and A > 防犯カメラシステムの耐用年数は?
防犯カメラの専門店 費用と実績

防犯カメラシステムの
耐用年数は何年?

防犯カメラシステムの耐用年数は6年です。
一般的にはモニター、カメラなど単体の場合は5年になりますが、防犯用監視用システムといった機能的に一体性があり、構造的に放送用設備に該当するものと考えるようです。

この6年という耐用年数により固定資産税がかかってきます。固定資産税のかからないレンタルやリースという導入方法もあります。

購入 工事費用を含んで30万円以上の防犯カメラシステムは固定資産税の対象となります。会社の設備としてお考え下さい。
レンタル・リース 固定資産税はかかりません。保守の付いたレンタル契約なら期間中のメンテナンス費用も掛かりません。初期費用も掛かりません。

防犯カメラの料金

レンタルなら安心して防犯カメラを運用できます

レンタル防犯カメラシステムは、弊社の担当と運用方法、設置工事方法についていつでもご相談いただけます。
防犯カメラを正しく設置し、良い活用方法をご提案します。
固定資産税のかからないレンタル防犯カメラをご利用ください。

個人向け一戸建て住宅の防犯カメラレンタル

企業・個人事業主のための防犯カメラリース

メンテナンス付防犯カメラレンタル

短期レンタル防犯カメラ

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

設置工事ができる範囲

防犯カメラセンターでは全拠点を合わせると、関東・中部・関西全域で防犯カメラの設置工事が可能です。

防犯カメラの販売・取付やメンテナンスは関東・中部・関西全域で