防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME設置・工事事例愛知県の施工事例豊橋市の事例 > 豊橋での防犯カメラ設置費補助金

台風被害による動産保険修理 豊橋

愛知豊橋市防犯カメラを設置したのですが2009年10月の台風18号で水没してしまいました。
ただ、リースで導入していただいていたので動産保険の適用となり修理(今回は完全に海水に水没したので交換修理)に対してお客様の持ち出し費用はございませんでした。
そのほかでは、落雷による保険対応もよくおこないます。
屋外設置の防犯カメラは高い場所に設置することが多いため落雷の直撃を受けることも少なくありません。

台風18号により水没してしまったシステム

今回、満潮時刻と重なって豊橋市に台風18号が直撃しました。
また、最大瞬間風速37.9メートルとのことで高波もあったようです。
広範囲に停電となり弊社で導入させていただいた防犯カメラ遠隔監視システムも完全に水没してしまいました。

台風

水没

リースの動産保険で対応

海水に浸かったので完全にさびています。
水没した部分はすべて交換の運びとなりました。

保険

リース

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

リースの動産保険

リースやレンタルで防犯カメラシステムを導入していただくと、動産保険が自動で付いてきます。
落雷や水害と言った自然災害(地震を除く)の場合でも、盗難、いたずらのような人的被害の場合も保険対応が可能です。
屋外の防犯カメラシステムの場合はできればリースで導入したほうが安心です。

防犯カメラはできる限りオーダーメイドで設置するのがベストです。

防犯カメラにはたくさんの種類があります。
例えば駐車場を監視するカメラとエレベーターホールの防犯カメラは違うものを付けるのがベストです。
また、万引き防止のための監視カメラシステム(営業時間中のみ録画)と人の出入りを24時間監視するシステムとではHDDレコーダの容量も違ってきます。
当センターでは、防犯設備士による防犯診断を無料で受けられます(遠方を除く)。

豊橋での防犯カメラ設置費補助金

豊橋市では、防犯カメラの設置に補助金が出る場合があります。

  • 校区自治会又は町自治会
  • 商店街振興組合法(昭和37年法律第141号)の規定に基づく商店街振興組合、中小企業等協同組合法(昭和24年法律第181号)の規定に基づく事業協同組合(商店街に係る者に限る)及びこれらに準ずる団体

豊橋市にあるこれらの団体、組織には補助対象経費の5分の4(上限50万円/団体)が交付されます。
弊社では愛知県内の多くの市区町村で助成金を使った防犯カメラ工事をさせて頂いておりますのでぜひご相談ください。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

リースで防犯カメラを導入

法人(個人経営を含む)の防犯カメラシステムはリースで導入することが多くなりました。
とくに屋外の防犯カメラシステムは落雷の影響を受けることも少なくないため、動産保険の付くリースでの導入は賢い選択といえるかもしれません。

愛知県豊橋市の落雷の多い地域や豊橋市の海沿いの地域などはかなり有効です。
ただ、リースの場合は金利もかかってくるので一概にリースが一番良い選択、とは言い切れません。
費用対効果を考えてお客様と相談しながら一番お客様のご要望にあったお支払方法を決めます。
もちろん現金での導入もできますので一度ご相談ください。

豊橋は街頭防犯カメラの元祖

豊橋市は日本でも最も早い段階から街頭防犯カメラが設置された市でもあります。
岩田運動公園にて2008年にはすでに防犯カメラのついた自販機が導入され、3日後には何者かによって「監視社会」とスプレーで落書きされ、破壊されました。

今では監視社会という言葉自体少し古く感じます。最近では公共の場でも多くの場所に防犯カメラを設置するようになりました。
これらのこともあり豊橋市では公共の場への防犯カメラ導入が進んでいます。