防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME防犯カメラ活用方法・導入情報 > 捕まらない?最新の捕まえる・捕まる防犯カメラ

2020年04月22日更新

捕まらない?
最新の捕まえる防犯カメラシステム

捕まらない犯罪と防犯カメラ

防犯カメラをつけていても、結局犯人は捕まらないのではないかと思われていませんか。
捕まる犯人もいれば、捕まらない犯人もいます。
捕まらない犯人を減らすために、捕まらない余地をなくすよう、様々な試行錯誤が繰り返されています。
ここで、私たちはどんな罪を犯した犯人が捕まらないと考えているのでしょうか。
そして、防犯カメラを取り付けて、どんな犯罪の犯人が捕まっているのでしょうか。

捕まらないとはどんな意味であり、捕まらないケースとはどんなものなのでしょうか。
捕まらないには私たちを取り巻く、空き巣、車上狙いや車荒らしなどの身近な犯罪にもあります。
そして、捕まらない犯罪がある中での防犯カメラの役割とは何でしょう。
捕まらない犯罪もある中で、最新の捕まえる防犯カメラシステムをご紹介します。

犯人は捕まらない?本当は捕まるの?その時、防犯カメラは?

プロから見た捕まらない犯罪

防犯カメラで犯人は捕まる?

犯罪全体で見たときの検挙率は、年々、減少してきています。
検挙率の減少に驚かれたり、ダメだなぁと思われるかもしれませんが、これは犯罪の種類が多様化したことが原因です。
犯罪認知件数の最も多いのが窃盗。この窃盗、捕まらないケースが多く、検挙率はたったの30%前後となっています。
単純に言えば窃盗の7割は捕まらない犯罪ということになりますね。
犯人に窃盗は捕まらないと思われているので、自然にその件数が増えるのかもしれません。

捕まらない犯罪についての補足:
被害者なき犯罪について

検挙率とはあくまでも警察が検挙した犯罪についてでしかありません。
世の中には検挙どころか通報もされない、見つからない、捕まらない犯罪も溢れています。
検挙どころか、本当に捕まらない、捕まえられない犯罪となってしまいます。
検挙しにくい犯罪、捕まらない犯罪とは「被害者無き犯罪」と言われるものです。

被害者無き犯罪とは、お互いに合意して犯す犯罪のこと。
売春、賭博、麻薬取引などは、双方お互いに通報することなく成立する犯罪です。
こういった犯罪は警察が捜査しない限りは、被害届を提出されることがありません。
被害届がないかぎりは、警察においての捜査ははじまりません。

捕まらないを想定する犯人

捕まらない犯罪・被害者泣き犯罪とは別にこ、多くの犯罪者は、捕まらないを想定し罪を犯します。

捕まらないを想定するとは、おそらく、「現行犯でなければ捕まえられない」ということを信じているということではないでしょうか。
盗撮や窃盗、万引き、置き引き、車上荒らしなど、目撃者がいない、一瞬のことで気づかれない、防犯カメラがない、防犯カメラの死角になっている、という限りにおいては、現行犯逮捕でないと捕まらないと思っているのではないかと推察されます。
犯罪者は、ほんの一瞬の隙をみての犯行であり、この一瞬さえ見られてなければ捕まらないと思っているのです。
中には捕まらなければ犯罪ではないと認識している犯罪者もいるかもしれません。

捕まらないと思ったら大間違い!捕まらないなんてない!本当は捕まる犯罪

一瞬の隙を見て行われる窃盗や、車上荒らし、盗撮、置き引き、万引きなどの犯罪は、被害者や周囲の目撃者が通報することで事件が発覚します。
犯人の中には「現行犯逮捕でない限りは捕まらない」と考えている場合も多く、繰り返し犯行を重ねることも。
しかし、それは本当に捕まらないのでしょうか。
たしかに窃盗だけで見ても検挙率は30%であり、あとの70%は捕まってはいませんが、現行犯でない限り捕まらないのかというとそうではありません。
窃盗だけでなく、車上荒らしや盗撮、万引きなど犯人が現行犯でなければ捕まらないと思われているだろう犯罪においても、現行犯でなくとも逮捕されるケースは珍しくないのです。
現行犯でなければ捕まらないといった間違った知識で何度も同じ犯行を繰り返す犯人は、ある日、突然、警察に逮捕されます。
どんなに上手に、用心深く、捕まらないと思って犯罪を犯しても、捕まる日が今日とも明日とも限らないのです。

『現行犯でなければ捕まらない』という幻想

そもそも現行犯でなければ捕まえらない、逮捕できないと定められた犯罪はこの世には存在しません。
たしかに、盗撮や万引き、車上荒らしなどの犯行は、その瞬間に取り押えなければ、捕まらない、あとからではどうとでも言い逃れができると思うかもしれません。
しかし、逃走した万引き犯が後日になって逮捕されたというケースは実際によくあります。
現行犯逮捕でなければ捕まらないというのではなく、現行犯のほうが疑いようもない証拠になるというだけ。
捕まらないと思われている犯罪を少なくするために、防犯カメラはなくてはならないセキュリティシステムとなっています。
空き巣や車上荒らしの被害者となり犯人が捕まらなければ、悔しい思いをしなければなりません。
『捕まらない』をゼロにはできないかもしれませんが、防犯カメラは証拠映像を残すだけではなく、犯罪自体を未然に防ぐ可能性もつくります。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

捕まらない?防犯カメラの役割について

防犯カメラの役割

捕まらないと思われている犯罪があります。捕まらないと思っている理由の多くが、防犯カメラがないから、見られてないから、が挙げられます。
窃盗やいたずら、性犯罪などの犯罪において、見られていたら捕まると意識させられたら、防犯カメラが見ていると周知できたら、犯罪を未然に防ぐ可能性もでてきます。
どうすればいいのかというと、犯罪しやすい場所、犯罪者にとってターゲットになりやすい場所など、監視したい場所に防犯カメラを導入すればいいのです。
しかし、配置しただけでは、防犯カメラがあるとわからずに、(捕まらないだろう)、(捕まらないに違いない)と狙われてしまう可能性が。
そうした事態を防ぐために、防犯カメラを導入していると大きくアピールして、その抑止力が最大限発揮されるようにしましょう。

また、一見すると防犯カメラの画像が役に立たなそうに思える詐欺などの犯罪についても防犯カメラは役立てられます。
窃盗や強盗、誘拐などの犯罪に比べ、詐欺などは外に出る必要がなく、防犯カメラに撮られる機会も少ないでしょう。
しかし、最近よくあるオレオレ詐欺にしても、どこかで何らかの方法で現金や通帳、印鑑、カードなどを受け取る必要があります。
その受け取る瞬間さえ防犯カメラでとらえられれば、捕まらない犯罪にはならず、犯罪が成立した後からでも画像の確認や追跡ができます。

捕まらない犯罪にしない
防犯カメラの威力が発揮されるケース

防犯カメラの威力が大きく発揮するケースが、物損事故などに関連する事案になります。
ロッカールームや職場に導入すれば、公共性が保たれ、犯人は(捕まらない)とたかをくくれなくなります。
たとえ、犯罪が行われたとしても、犯人特定もしやすく、取られてしまった物や金品が返ってくる可能性も高くなります。

車両事故や事件に関しても同様のことが言えます。
これらの事故や犯罪も(見られてなければ逃げても大丈夫、捕まらない)と思ってしまい、思わず逃走してしまう人が後をたちません。
捕まらないと思って逃げるよりも、怖くなって逃げてしまう人のが多いかもしれませんが、事故多発地帯に防犯カメラがあり、被害者の車にドライブレコーダーがあったら、両者の責任所在は一目瞭然になり、捕まらない犯罪ではなく解決できる犯罪となり、事件解決につながります。

車両事故や事件だけでなく、何らかの犯罪目的に車両が使われたとしても、道に防犯カメラがあればナンバープレートですぐに身元がわかってしまいます。
たとえナンバープレートを偽物にしたり、外したりしても、防犯カメラに映るのはナンバープレートばかりでなく、多くの情報が一目でわかるように映ってしまいます。
捕まらないで逃げおおせると思っていたとしても、車の車種や色などからも犯人の大体の位置の特定につながり、事件解決に導くこともあります。

捕まらない犯罪はない。
100%ではありませんが、どんな犯罪も誰かしらは捕まっているという現実があり、防犯カメラはそこに大いに貢献しています。

自宅の防犯カメラにプラスα
AIを用いた通報システムを

AIを使った防犯カメラシステム

多くの場所、多くの犯罪に犯罪に対して防犯カメラは有用です。
事件事故に遭っても、防犯カメラの画像が証拠になり犯人特定のカギになるケースがあります。
しかし、防犯カメラの大きな目的は防犯として犯罪を未然に防ぐ抑止力です。
捕まらない、捕まえにくいと思われている、軽犯罪にこそ、防犯カメラの抑止力は大いに発揮されています。

近年、防犯カメラの犯罪抑止力をさらに強力にできるツールをトリニティーでは開発しています。
IoT技術とAIを防犯カメラに組み込んだシステムです。
このシステムは、家の敷地内に侵入した人物を検出してアラームを出力します。
AI技術の搭載により、ご近所の方に対してはアラームを鳴らさない、という使い方ができるようになっている点が特徴です。
捕まらない犯罪をなくし犯人を捕まえるだけではなく、捕まらないと考えられる犯罪を未然に防ぐシステム。
家の中にいながら誰がどんな目的で来たのか確認ができると、喜ばれています。

捕まらないなんてない!防犯カメラの画像で容疑者特定に

捕まらないなんて無い防犯カメラ

2019年に、全国の警察が検挙した刑法犯は19万1191件(余罪を除く)にのぼります。
この件数の中で、容疑者特定のきっかけが防犯カメラなどの画像だったのは10・2%だと、警察庁のまとめでわかりました。
防犯カメラのほか、ドライブレコーダーも含まれますが、その推移は、16年5・9%、17年7・8%、18年9・0%となっています。
検挙数は年々増えてきています。
昨年の事件において、容疑者特定の主なきっかけは、1位、職務質問で3万1635件(16.5%)、2位、カメラ画像で1万9563件(10.2%)、3位、参考人の取り調べ1万2918県(6.8%)と続いています。
2020年、防犯カメラの映像がきっかけで、容赦特定につながり検挙にいたったのは、ひったくりが33.1%、すりが20.9%、侵入盗が19.3%、強制わいせつが17.2%、強盗が15.2%、殺人が3.8%となっています。
身近な犯罪においてこそ、防犯カメラの画像が犯人逮捕につながっているとわかります。

過去には、現行犯逮捕でなければ捕まらないと考えられていた犯罪も、現在では防犯カメラの映像が決め手になって捕まえることができるようになってきました。

実際、警察は街頭防犯カメラの導入を進めています。18年度では30都道府県に1912台にもなり、10年間で約4倍となりました。
さらに住宅や店舗、公園、駐車場に設置されている民間のカメラも加えると、日本中には数百万台という防犯カメラが設置されていると言われています。
(捕まらない)と犯人が思う犯罪が捕まるようになり、(現行犯でなければ捕まらない)と社会で認識されていた犯罪が犯行から時を経て検挙されるようになっています。
いたる所に防犯カメラが取り付けられている現代において、『捕まらない』と考えられる犯罪、『捕まらない』可能性の高い犯罪は、どんどん減ってきているのです。

『捕まらない』と思った犯人を
防犯カメラで捕まえられた事例

ーーお客様のお話

前の家には防犯カメラがなくて空き巣に入られ、約100万円のたんす貯金とコレクションの腕時計を盗まれました。
もちろん、すぐに警察に通報したのですが、とうとう犯人は捕まらないままでした。
いまだに誰の仕業なのか全くわかりません。
人の家に空き巣に入って捕まらないなんて本当に腹立たしいです。
犯罪者は必ず捕まると、心のどこかで信じこんでいたんでしょうね。
捕まらない状況にショックを受け、コレクションの腕時計が盗まれている現実に落ち込みました。

空き巣に入られた家に暮らしたくないと思い、引っ越しをしました。
もう2度と捕まらない犯人に悔しい思いはさせられたくないと、新居にはすぐに防犯カメラを取り付けました。
すると、引っ越した約半年後に近隣で空き巣被害が出たんです。
空き巣被害にあった家は防犯カメラを取付けていなく、我が家の防犯カメラ映像を提出してもらえないかと警察から要請されました。
もちろん、快諾しましたよ。
すると驚いたことに、提出した防犯カメラ映像に犯人が映っていたとのことで、犯人が逮捕に役立てられたのです。

空き巣被害にあったご家庭からは、「『捕まらない』と諦めていた犯人を捕まえることができて本当に感謝している」と何度もお礼を伝えられました。
私自身、捕まらない犯人が野放しになっている悔しさは知っているため、役に立てて、本当にうれしかったです。

防犯カメラ映像に移った犯人の特徴から、『捕まらない』と諦められそうになった犯人が捕まるケースはよくあります。
防犯カメラがなければ捕まえらない犯人も、防犯カメラがあればつかめられる犯人となるわけです。
防犯対策に防犯カメラはとても有効です。

捕まらないために、犯人は下見をします

空き巣は現場の下見をします。
ご紹介させていただいた事例でも、おそらく、犯人は下見をしたでしょう。
犯人は捕まらないために、捕まらないでいられそうな家を狙います。
捕まらないでいられそうな家とは、防犯設備が整っていなかったり、敷地に入る際に人目に付きにくい家などです。
防犯カメラは、犯人逮捕の証拠となるだけではなく、犯罪者に目を付けられないよう防犯対策としても効果的です。

防犯カメラの設置はお任せください。

防犯カメラセンターでは、様々な業種・ロケーションのお客様からのご注文をいただいております。
専門業者ならではの料金体系とアフターフォローでお客様の問題を解決するお手伝いをさせていただきます。

防犯カメラの屋外設置可能地域