防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

HOME防犯カメラ活用方法・導入情報 > コインランドリーへの防犯カメラ設置

無人店舗だからこそ整えたい
コインランドリー防犯カメラ

コインランドリーの防犯カメラ3

年々店舗数を増すコインランドリー。
かつては学生や自宅に洗濯機のない男性が多く利用していたコインランドリーですが、近年の特徴として、ひとり暮らしの女性や主婦の利用が増えていることが挙げられます。
店舗づくりの変化も著しく、女性が入りやすいよう明るく清潔なガラス張りの店舗や、布団や毛布など大型の洗濯物が洗えるよう最新型の大型洗濯機を導入する施設が目立ってきました。
ここで、サービス向上のために店舗づくりを試行錯誤しているコインランドリーオーナーの頭を悩ませている問題が、店舗内でのトラブル・犯罪です。
洗濯物の盗難、両替機の破壊、女性客への犯罪など、無人店舗であるコインランドリーを狙った悪質な犯罪の発生件数が増えているという現実があります。
事件やトラブルの噂が広まってしまうと、お店には誰も近寄らなくなってしまうかもしれません。
防犯カメラを設置して、犯罪発生の抑止力・犯罪発生時の早期解決に役立ててください。

弊社におけるコインランドリーでの
防犯カメラ設置事例

あるコインランドリー様に防犯カメラを設置させていただきました。女性が安心して利用できるようにと、店舗は全面ガラス張りです。
ご利用者様に、より安全に利用いただけるようにと、防犯カメラの設置を決断されました。
洗濯物の盗難を防ぐため、店舗内全域をカバーできる防犯カメラを設置するとともに、両替機付近には、クリアに撮影できる防犯カメラを配備しました。

コインランドリーの防犯カメラ2

また、犯罪やトラブルが発生した際に人物を特定しやすいよう、出入り口付近には利用者の顔や服装が詳細に捉えられるよう高精細なカメラを取り付けています。
24時間365日録画を行い、同時に本部へ配信できるシステムを採用。
無人店舗でも、遠隔にて監視の目を張り巡らせられるようにしました。

コインランドリーで発生する
トラブル・防犯カメラで期待できる効果

コインランドリーを利用する客層が多様化するとともに、発生する事件やトラブルの内容もさまざまに広がってきています。
防犯カメラを設置することが、未然に防げる事件やトラブルを回避し、お客様にとって安心できる店舗づくりにつながると考えられます。

盗難

小型店舗が多かったころのコインランドリーでも盗難トラブルは散見されていましたが、大型店舗・無人店舗が増えたことで、コインランドリーでの盗難トラブルは増加傾向にあります。
特に昨今では、変質者による下着泥棒だけではなく、転売を目的として衣料を盗む事件が多発。
個人でもインターネットを使って中古衣料の売買が簡単にできるようになったため、犯人の年齢や性別もさまざまになりました。
女性が高級な利用者1人ひとりの防犯対策だけでは対応できなくなってきています。
くまなく店舗を監視できる防犯カメラを設置して、防犯、また、同じ犯人による再犯の防止に役立ててください。

両替機の破壊

無人であるがゆえ、コインランドリーの両替機は狙われやすくなっています。
特に昨今では店舗に駐車場が併設され、車で来店する利用者が増えるようになったため、犯罪の発生頻度も高まっているといえるでしょう。
防犯カメラには、事件発生後に犯人の特定をするだけではなく、事件発生前に犯人への「威嚇」として抑止力を発揮する効果も期待できます。
特にバレット型の防犯カメラは存在感があり、大きな威嚇効果が期待できます。

居座り・たまり場

多くのコインランドリーが無人かつ冷暖房完備、という環境であることから、洗濯をしないのに長時間居座る人物が問題になることがあります。
また、立地によっては(住宅地に近い・幹線道路沿い、など)、少年少女がたまり場にするケースも見られます。
居座ること・たまり場にすること事態が迷惑でもあるのですが、いっそう困るのが、利用者の方々にとって不安材料になることです。
度を越えた行為に対応するためには、防犯カメラで常に監視し、映像を保存しておくことが有効です。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

コインランドリーにおける
防犯カメラ設置のコツ

カメラの種類

コインランドリーで目指すのは、利用者の方々には快適に安心していただきながら、しっかり防犯対策もできること。 店舗内には、控えめなデザインのドーム型カメラを採用してお客様へ安心感をお届けし、 店舗の外にははっきりしたデザインで威嚇効果の高いバレット型カメラを配備することをお勧めしています。

コインランドリーのカメラがチェックするポイント

コインランドリーの店舗で大きな特徴は、スーパーやコンビニなどと違い死角があまりないこと。
これは、壁に沿って洗濯機が配置されたレイアウトが多いためです。
したがって、店舗内については少ない台数のカメラで店舗内全域をカバーすることが可能です。
また店舗の外については、出入り口付近をしっかりチェックしてください。
利用者の顔や服装などの詳細を捉えられるよう、高精細のカメラを採用することがポイントといえるでしょう。

遠隔監視の方法

遠隔監視は、パソコンとスマートフォンのどちらも可能です。
移動中や緊急時に見やすいようにスマホのアプリで見るお客様が多くなっています。

コインランドリーにダミーカメラは有効か?

経済性を優先し、ダミーカメラを選ばれるお客様もいらっしゃいます。
ダミーカメラにはメリットもありますがデメリットも多く、特に、明らかにダミーとわかる防犯カメラを設置することは、犯罪者に「警戒の薄いエリア」という認識を与え、犯罪のリスクを高める可能性もあります。
実際の防犯対策としては極力本物の防犯カメラ設置をお勧めしておりますが、ダミーを採用される場合には、下記の記事を参考にしてみてください。
https://www.yokohama-trinity.com/notification/how-to-install-dummycamera.html

コインランドリーに
防犯カメラを設置するには

コインランドリー様よりいただく防犯カメラ設置の疑問についてご紹介いたします。

実際に、いくらくらいで設置できますか?

広さや台数、契約の種類(購入・レンタル・リース)により変化しますが、例えば4台の設置をレンタル(故障や盗難への保証込み)でご利用いただいた場合、月額8000円~1万5000円をご想定ください。

遠隔で監視できますか?

インターネットがあれば、スマホやパソコンで遠隔監視をすることができます。実際にコインランドリーの場合、多くのおお客様が遠隔監視を希望されます。

コードを切られることはないですか?

弊社のこれまでの実績の中で、“コードを切る”という悪質な犯罪者が現れたケースは0.1%未満です。

また、保証のついたご契約内容を選択した場合には、故障や盗難へも対応させていただきます。(安心メンテナンスパックをご利用いただきましたら無償修理の対象となります)。

映像の保存期間はどれくらいですか?

標準の仕様で、1ヶ月ほどの保存が可能です。それ以上の保存期間を望まれる場合には、レコーダーのハードディスク容量を増設しご対応させていただきます。

顔まで判別できますか?

判別できます。もちろん被写体への距離にはよりますが、最新の防犯カメラの判別能力は多くのお客様から“期待以上”だと評価していただいております。

防犯カメラのちょっとしたはなし―画素数についてー

コインランドリーの防犯カメラ4

防犯カメラって顔の判別が本当にできるの?
よくいただくご意見に、「想像していたよりも鮮明に映る!」というコメントがあります。
これは少し前の防犯カメラのイメージが強く残っているからかもしれません。
実は、防犯カメラの画素数はここ4~5年で格段に上がりました。
2015年ほどまでは、高くて40万画素ほどだった画素数が、今では100~200万画素が標準なのです。そして弊社では先行して400万画素の防犯カメラも販売してお
ります。
この背景にある社会事情は、アナログ放送から地上デジタル放送への移行。
地デジに合わせて高精細なモニターが市場にでまわることに付随して、防犯カメラのスペックも上がってきたというわけです。

それでは、200万画素とはいったいどのくらいの見え方なのでしょうか? 防犯カメラの活用をご検討のお客様へは事前にデモ機をご覧いただくこともございますが、口頭で伝えるのであれば、例えばご自宅の32インチ・フルハイビジョンテレビをイメージしてくださいとおこたえしています。 (それがわからないのに・・・という場合には、ぜひ、デモ機のデモンストレーションをご検討くださいませ!)

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

防犯カメラの設置はお任せください。

防犯カメラの専門店、防犯カメラセンターを主催する株式会社トリニティーでは、様々な業種でお客様からのご注文をいただいております。
コインランドリーからのご注文も頂いており、専門業者ならではのノウハウとアフターフォローでお客様の”困った”を解決するお手伝いをさせていただきます。

防犯カメラの屋外設置可能地域