防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯設備士とは

防犯設備は、単に機器を取り付ければ安心というものではありません。
残念なことに、お客様先で設置されている防犯設備を拝見させていただくと、間違った位置やあまり必要とされないものが設置されていることも少なくありません。
侵入者や強盗などの犯罪を知り、何を何処に設置すれば良いのか理論的な裏づけをもとに設置しなければなりません。そのシステムが発揮されてこそ防犯なのです。

警察庁所管の社団法人 日本防犯設備協会が防犯システムに携わる人に対して、専門の教育・指導・資格認定試験を行い、合格した者に与えられるのが防犯設備士資格です。
十分な知識・経験を積んだ防犯設備士が、防犯設備士証を提示のもと、専門家として防犯診断を行い、そしてその結果を元に防犯システムを構築します。
社団法人 日本防犯設備協会では国家公安委員会の事業認定を受けて、警察庁の指導の下で、平成4年2月から防犯設備士の養成と資格認定試験の事業に取り組み、防犯システムの技術レベルの向上を図っています。
また、警察からも防犯設備士の活躍を期待されており、防犯診断や地域の防犯運動にも積極的に参加することが望まれています。
防犯設備士は国家資格ではありませんが、発注者から条件として指名される例もあり、今後防犯設備士の役割が重要視される方向にあることを示しています。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

弊社には現在9名の防犯設備士が常駐

名古屋防犯カメラセンター、横浜防犯カメラセンターを運営する、株式会社トリニティーでは現在9名の防犯設備士がおり、全員が株式会社トリニティーの正式な社員です。
そして名古屋では防犯カメラの販売、工事専門店としては最多数の防犯設備士を抱えていると自負しています。
安心してご相談ください。防犯設備士ナンバーは会社概要をご確認ください

資格者証を確認しましょう。

資格者証の有無で、その人間に過去犯罪暦がないことを確認できます。

防犯設備士証 見本

個人向け一戸建て住宅の防犯カメラレンタル

企業・個人事業主のための防犯カメラリース

メンテナンス付防犯カメラレンタル

短期レンタル防犯カメラ