防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ防犯カメラ活用方法・導入情報 > 工事の必要な屋外防犯カメラVS工事不要、電源不要の屋外防犯カメラ

2021年03月29日作成

電源不要の屋外防犯カメラの有用性は?

屋外防犯カメラにはさまざまな種類のものがラインナップされるようになり、幅広い用途に対応した多種多様な防犯カメラが販売されるようになりました。
電源不要、かつ屋外でも使用できる耐久性のある防犯カメラも、インターネットで手軽に見つけられるます。
電源不要の屋外防犯カメラは配線工事が必要ないため導入ハードルの低さが魅力です。
撮影期間が短期間であったり、電源確保のための配線に高額な工事費用が発生するような現場では、優先順位が高くなるでしょう。

電源不要の屋外防犯カメラがよく使われるケースは、野生動物の観察、不法投棄の監視、交通状況の管理、工事現場や作業現場の安全確保などです。
電源不要の屋外防犯カメラは、目的や用途に合わせて使い分ければ高いパフォーマンスを発揮します。
逆に、防犯目的の場合など、電源不要の屋外防犯カメラが適さないケースで電源不要の屋外防犯カメラを採用してしまうと、役不足となってしまう可能性もあります。

このページでは、電源不要の屋外防犯カメラを有効に使用できるケースはどのような場合なのか、また、電源不要の屋外防犯カメラが適さないケースとはどのような場合なのかをまとめます。

レンタル防犯カメラについて

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

電源不要の屋外防犯カメラとは

電源不要の屋外防犯カメラとは、配線を引いて電源供給しなくても動作する、屋外にも使用できる防犯カメラです。
防犯カメラは導入時の配線・取り付け工事にコストや手間が掛かるため、電源不要で使用できる屋外防犯カメラは導入ハードルが低く、近年、人気を集めています。

電源不要の屋外防犯カメラの駆動エネルギーには、電池やソーラーパネルなどが使用されているものが主流です。
電池で動く電源不要の屋外防犯カメラであれば定期的な電池交換、ソーラーパネルからの電力供給で動く電源不要の屋外防犯カメラであればソーラーパネルやバッテリー等のメンテナンスをすることで、継続して使用できます。

電源不要の屋外防犯カメラの注意点

電源不要の屋外防犯カメラは電源供給のための配線工事が必要ないため手軽に導入できるというメリットがありますが、電池切れやソーラーパネルから流れるエネルギー切れで、撮影がストップしてしまうというリスクがあります。
また、電源不要の屋外防犯カメラは本体と電力源が一体化しているため、いたずらや犯罪者の証拠隠滅行為に対して脆弱だというデメリットもありまsう。

以上の特徴を理解したうえで、撮影が途切れてしまってもいい、万が一いたずらされて記録がなくなってしまっても仕方がない、というシーンであれば、コストや手間をおさえられる電源不要の屋外防犯カメラは非常に有効といえるでしょう。
逆に、防犯目的など、撮影や記録の安定性が求められるシーンで電源不要の屋外防犯カメラの使用を検討している場合には、改めてカメラの種類を考え直すことを推奨します

電源不要の屋外防犯カメラといえば「トレイルカメラ」

電源不要の屋外防犯カメラでポピュラーなカメラに、トレイルカメラがあります。
トレイルカメラは一般的に乾電池で動き、SDカードを搭載しているため、電源も工事も不要です。
また、トレイルカメラは野生動物の観察等、屋外での使用を前提とされているため、雨風が当たる屋外環境に対応できる耐久性を備えています。
電源不要、かつ、屋外で使用できるため、購入後すぐに使用できる手軽さと商品ラインナップの多さから人気の高いカメラです。
さらに近年では、撮影した情報をカメラからメール配信で受け取れるものもあり、使い勝手も向上しています。

トレイルカメラを使用する際の注意点は、電池式であるため定期的に電池交換をしなければいけない点、SDカードは記録容量が限られているため長期間の録画には適さず、また1年ほどで寿命がくるという点です。

電源不要な屋外防犯カメラの活用例

電源不要の屋外防犯カメラがどのような場面で使用されているのか、よくある活用シーンをご紹介します。

電源不要の屋外防犯カメラの活用例:
防犯カメラの付いていない戸建てで訪問者を確認する

戸建て住宅のお客様に、訪問者の様子や人数を確認するため電源不要の防犯カメラを活用されていた方がいらっしゃいました。
インターホンで確認できるのは顔だけです。
電源不要の久貝防犯カメラを取付けたら顔だけでなく、人数や服装など全体も確認できるようになったため、当初はとても便利に感じたそうです。
ただ、自宅前にゴミが置かれたり落書きされたりするいたずらが発生した時に、電源不要の屋外防犯カメラについていたSDカードでは記録容量が足りなく、犯人特定ができなかったため、電源供給が必要で記録容量も大きい、防犯目的に使用できる頑丈な防犯カメラを取付けたい、と、弊社へご連絡をくださいました。

電源不要のカメラは軽い観察などでは有効だったものの、いたずらや嫌がらせへの証拠映像録画という目的では物足りなかった事例です。
※上記は1例であり、電源不要の屋外防犯カメラでも、ご近所トラブルやいたずらを解決する証拠映像を録画できた事例もあります。

電源不要の屋外防犯カメラの活用例:
野生動物の撮影や監視

電源不要の防犯カメラとしてポピュラーなトレイルカメラは、木や標識に括りつけるだけで取り付けができるという手軽さから、野生動物の観察や監視によく利用されます。
野生動物の生活圏内に配置し、定期的にSDカードを回収して見守れば、簡単に生態観察ができます。
また、登山道に取り付け、クマの出没など危険な状態を早期に登山者へ知らせるためにも活用されています。

電源不要の屋外防犯カメラの活用例:
畑や田んぼの見守り

農作物や家畜の盗難被害は、全国的には減少しているものの、いまだ、農家のみなさまの悩みの種となっています。
人の仕業か動物の仕業かも特定できないケースも少なくなく、まずは、何が起きているのかの状況把握が求められる場合などで、よく電源不要の屋外防犯カメラが活用されています。
広い敷地に電源を供給するための工事は大きなコストが掛かってしまうため、すぐに導入の有無を判断できない場合などでは、特に、電源不要の屋外防犯カメラが役立てられているようです。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

電源不要の屋外防犯カメラに関するお客様の声

電源不要の屋外防犯カメラを使用したお客様の声をご紹介します。

電源不要の屋外防犯カメラ:
いたずらを解決できたお客様の声

玄関前にゴミを捨てられるという事態が続き、対策として、電源不要の防犯カメラを購入し自分で取り付けました。
私は機械に疎くDIYも苦手ですが、電源不要の防犯カメラは設定も取り付けも簡単でとても手軽だなと感じました。
ただ、実際に使い始めて電源不要の防犯カメラに不便を感じたのは、SDカードの容量の少なさです。
放っておくと上書きされてしまうため、週に何回かはSDカードの中身を確認しなくてはならず、その作業が面倒でした。

取り付けた電源不要の屋外防犯カメラは小型のタイプだったこともあり、犯人は屋外防犯カメラを付けたと気づかず、無事、犯行現場を映像におk覚めることができました。
犯行現場の映像があったおかげで警察に相談した後もスムーズに解決できました。

その後SDカードの確認が非常に面倒だったため、電源不要の屋外防犯カメラの活用はストップしてしまいましたが、主人が単身赴任をすることになったため、しっかり防犯ができるよう、工事が必要な防犯効果のある防犯カメラの導入を検討しています。

電源不要の屋外防犯カメラ:
野生動物の観察に利用しているお客様の声

電源不要の屋外防犯カメラを、野生動物の観察に使用しています。
野生動物の生活圏内に配置するのですが、それでも野生動物がいつ、どこへ現れるかわからない。動物たちの動きや生活を予想し、予定した場所へ、電源不要の屋外防犯カメラは誰にでも簡単にピンポイントで取り付けられますね。
自分たちの予想が外れ、なかなか思ったような画像が撮れなかった場合の撤去も簡単。
また想定しなおしての配置が繰り返し行えるので、本当に便利です。
苦労した上で想像した通りの動物の動きや予想外のものが撮れた時の喜びは、つい雄たけびを上げたくなるほどですよ。

電源不要の屋外防犯カメラ:
野菜泥棒をするご近所さんを撮影したお客様の声

代々、畑と田んぼの農家をやっています。
ある時、少しずつ野菜が無くなっていることに気が付きました。
本当に少しずつだったので、はじめは気のせいかと思ったほどです。
防犯カメラを導入しようと決めてからはいろいろな種類を検討しましたが、電源の確保がどうしても難しかったため、電源不要の屋外防犯カメラから選択しました。
カメラを配置してから気づいたのですが、畑のどこを狙われるかわからなかったので、何度も置きなおせる電源不要の屋外防犯カメラにしてよかったです。
だだっ広い畑だったので、撮りたい場所に木や柱もなく、軽トラに電源不要の屋外防犯カメラを取り付けて放置したこともあります。

そうこうしているうちに、近所の人が野菜を持っていくところを撮ることができました。
警察に行くのは憚れたので、村の寄り合いでそれとなく相談するにとどめましたが、それ以後は、野菜が取られることはなくなりました。

別件なのですが、私は、個人的に電源不要の屋外防犯カメラを使っていろいろな場所を撮影している最中、人通りの少ない道路に不法投棄されるシーンを撮影しました。
そのことを伝え、地域で電源不要の屋外防犯カメラを取付けようと提案をしたところ、電池やSDカードの管理が面倒であること、また、防犯効果が低いことから、不法投棄に対しては、配線工事を必要とする大きな防犯カメラを取付けることになりました。

便利な電源不要の屋外防犯カメラ
電源供給工事の必要な屋外防犯カメラ
どうやって使い分ける?

電池やソーラーパネルで動く電源不要の屋外防犯カメラは非常に手軽で使い勝手がいいのですが、世の中には、電源供給工事が必要な屋外防犯カメラがたくさん出回っています。
どのような理由があれば電源を確保するために工事が必要な防犯カメラを採用するのか、電源不要の屋外防犯カメラに対して、電源を確保する必要のある屋外防犯カメラのメリットは何なのかをまとめます。

電源不要の屋外防犯カメラにはない、
配線工事が必要な防犯カメラの防犯効果

乾電池で動く屋外防犯カメラはいつ乾電池が切れるのかがわからず、こまめなチェックと、切れていれば乾電池の交換が必要です。
これでは、いざというときに防犯カメラが止まってしまっていたという事態にもなりかねません。
防犯目的で使用する屋外防犯カメラには、24時間365日動いている安定性があり、それゆえ犯罪抑止力にもなります。
有線で電源を供給する屋外防犯カメラには、電源不要の防犯カメラにはない高い防犯効果が期待できるのです。

電源不要の屋外防犯カメラにはない記録容量

電源不要の屋外防犯カメラは、配線工事の必余のなさが大きな未了の1つです。
そのため、記録媒体にも、配線工事が必要なレコーダー等はあまり使用されません。
電源不要の屋外防犯カメラは、通常、SDカードなど比較的記録容量の小さな記録媒体を備えています。

記録容量が小さいのであれば、こまめに確認しないと上書きされてしまいます。
動体検知機能など、動く物体を感知した時のみ記録する仕組みもありますが、よほどモノや人が動かない場所でない限り、些細なことで録画がはじまり、データの上書きは続きます
電源不要の屋外防犯カメラは非常に手軽で便利ではありますが、こまめに記録媒体をチェックする手間がかかり、その手間を惜しむと、撮影したデータはなくなってしまいます。
配線工事が必要な屋外防犯カメラは、電源不要の屋外防犯カメラよりも手軽な運用で安定したデータ量を確保できるということです。

電源不要な屋外防犯カメラの有用性:
まとめ

電源不要な屋外防犯カメラについて、電源不要な屋外防犯カメラが適しているシーンとそうでないシーン、また、電源不要の屋外防犯カメラにはない配線工事が必要な屋外防犯カメラの魅力についてまとめました。
電源不要な屋外防犯カメラは使い方によっては非常に便利で有効ですが、シーンを誤ると、役不足にもなってしまいます。
防犯カメラは、目的と環境と照らし合わせ、適切な機種を選択することが大切です。
迷ったら防犯カメラの専門業者と相談されるようお勧めします。

防犯カメラセンターでは、最初のお問い合わせから、現地訪問後のお見積まで、無料で対応させていただきます。
お気軽にご連絡ください。

防犯カメラのことはお任せください。

防犯カメラの屋外設置可能地域