防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ設置・工事事例愛知県の防犯カメラ工事小牧市の事例 > 小牧市の駐車場に防犯カメラを設置

小牧市の個人住宅駐車場に防犯カメラを設置

個人向け防犯カメラレンタル【ファミリープラン】での防犯カメラ導入工事

小牧市にある個人住宅の駐車場へ防犯カメラを取付けた事例です。
ご近所の駐車場で盗難被害が相次いだことを受け、防犯カメラの導入を決められました。
はじめて防犯カメラを取付けられることもあり、どの会社の防犯カメラにしようか、また、工事をどこに依頼しようかとインターネットで探されている中で弊社のホームページを見つけてくださったとのことです。

今回の小牧市の案件では屋外への取付ということもあり耐久性やメンテナンスの面を懸念されていたため、防犯カメラレンタルプランを特に気に入ってくださいました。
弊社の戸建て住宅向け防犯カメラレンタルプランは、初期費用52,800円で月々4,840円から、本物の防犯カメラを契約期間中のメンテナンス込みでご利用いただけます。

詳しくは下記ページもご覧ください。
防犯カメラ レンタル 家庭用

小牧市で個人宅駐車場へ施工した防犯カメラ

駐車場と建物が隣接していたため、配管を敷設することなく防犯カメラを取付けることができました。

配線の始末は重要です。見た目と併せて、防犯カメラの耐久性を高めるためにも丁寧に行う必要があります。

3台取り付けたうちの1台です。犯人の顔を逃さないよう近距離を鮮明に映します。

今回の小牧市の事例では、道路の左右両方向から駐車場へ近づいてくる歩行者の様子を撮影するためにクロスする向きで2台の防犯カメラを取り付け、さらに、近距離を鮮明に映すための防犯カメラを1台、計3台の防犯カメラを導入しました。

「 防犯カメラを付けたおかげで駐車場の盗難被害への心配が少なくなったうえに、夜間の車の乗り降りの時も安心できるようになりました。」とお喜びの声をいただいています。

家庭用防犯カメラ設置工事の動画

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

戸建て住宅の駐車場に
防犯カメラを取付けるときのポイント

以前は、個人のお客様から駐車場への防犯カメラ取付依頼をいただくときは、ほとんどが、車やバイクを趣味とする方からの「高価なメカや部品を守りたい」というご要望でした。
それが最近では少し変化しています。理由は、子どものおもちゃや雑貨など、後から、(まさか盗られるとは思わなかった)と考えられられるような日用品の盗難被害や、車やバイクのホイールだけを盗むといった盗難被害が増加しているからです。インターネットショッピングで個人が手軽に身の回りのものを販売できるようになったため、これまでは求められていなかった領域にまでセキュリティーの必要性が出ているという状況があります。

ここでは、個人のお客様が駐車場に防犯カメラを取付ける際のポイントや注意点をまとめます。
駐車場への防犯カメラ導入を現在ご検討中の方、また、今は必要ないけれど今後はわからないという方に参考にしていただけたら嬉しいです。

戸建て住宅の駐車場への防犯カメラ:
取付けポイント① 配管

個人宅の駐車場には基本的には電源などは対価と思います。防犯カメラを取付けるためには配線をつなぐのですが、この時、建物と駐車場都が離れている場合には配管を敷設する必要が出てきます。
既設住宅の駐車場へ防犯カメラを導入する場合には、必要に応じて配管の敷設も行いますが、やはり後から取り付けたという見栄えになってしまうので、新築住宅を建設中で駐車場への防犯カメラ導入も検討されている場合には、はじめから配管を敷設しておくことをお勧めします。

戸建て住宅の駐車場への防犯カメラ:
取付けポイント② 防犯カメラの向き・台数について

駐車場は多くの場合道路に面しているかと思います。
防犯カメラの取付け方として推奨しているのは、駐車場が面している道路の左右どちらから近づいてくる歩行者も撮影できるよう、クロスする向きに2台の防犯カメラを取付けることを前提とする方法です。
その上で、より近距離の撮影や追加で強化したいポイントなどを記録するために防犯カメラを追加する場合もあります。

上記で、駐車場に面する道路の左右両方向を撮影するために防犯カメラは2台以上取り付けることが望ましいとご説明しましたが、実は1台で2台分の撮影範囲を補うことができるカメラもあるので、併せてご紹介します。
180度カメラもしくはパノラマカメラといった名称で紹介されるカメラです。
180度カメラを使用すれば駐車場から道路に対して1台で左右両方向からの人の動きを撮影することが可能です。
弊社でも取り扱っておりますので、ご興味を持たれましたらお気軽にお問い合わせください。

戸建て住宅の駐車場への防犯カメラ:
取付けポイント③ 明かりについて

道路に街頭がある場合はいいのですが、環境によっては駐車場が面する道路に該当がなく、夜になると真っ暗になってしまうこともあるかと思います。
赤外線内蔵の防犯カメラであれば夜間でも撮影自体はできます。ただ、防犯カメラが取付けてあることで犯罪者を撃退するという犯罪抑止効果は弱まってしまいます。
そこで、弊社では、駐車場付近が夜間真っ暗になってしまう場合にはセンサーライトの併用をご提案しています。
少々蛇足ですが、 センサーライトは真下を明るく照らすので、生活する上でも何かと役立つという声をたくさんいただいています。

戸建て住宅の駐車場への防犯カメラ:
補足 社内の防犯カメラについて

車へのいたずら対策として、駐車場ではなく車内に防犯カメラを取付けたいというご要望をいただくことがありますが、弊社では、原則この防犯対策はお勧めしておりません。
車内へのカメラはバッテリーの問題で動作が不安定だからです。
バッテリー容量の問題については振動によって動き始めるカメラもありますが、いたずらの種類によっては車が振動しないケースもあるため、やはり、お勧めはしていません。

戸建て住宅の駐車場に防犯カメラを取付けるときのポイント:まとめ

駐車場の防犯カメラに防犯カメラを導入する場合には、
・新築であれば建物と駐車場の距離を考えてあらかじめ配管を敷設しておく
・駐車場が面する道路の左右両方向からの人の流れを撮影できるよう防犯カメラを取付ける
・夜間でも駐車場に対して犯罪抑止力が働くよう防犯カメラの存在が目立つようにする

といった注意点・ポイントをご紹介しました。
このほか個別の状況でもアドバイスができることがあるかと思いますので、駐車場への防犯カメラ導入をご検討される場合にはお気軽にお問い合わせください。

0120988551
メールでのお問い合わせはこちら

小牧市の防犯カメラ補助金事業

小牧市では防犯対策への補助金がいくつも整備されています。

小牧市の防犯対策
小牧市の防犯カメラ等に関する補助金制度

◆ 小牧市防犯対策補助金交付制度
◆ 小牧市事業者防犯カメラ等設置補助金交付制度
◆ 小牧市地域防犯カメラ等設置補助金交付制度
◆ 自主防犯パトロール団体の活動支援(小牧市で10名以上の市民による結成)
◆ 防犯灯の設置及び維持管理(小牧市の公共道路を照らす防犯灯に対して)
◆ 夜間パトロールの実施(小牧市内をパトロール)
◆ 出前講座の実施(小牧市生涯学習のまちづくり出前講座を通して)

参考:
小牧市公式ホームページ「小牧市の防犯対策」より

※2020年10月現在での情報です。小牧市の補助金制度については小牧市のホームページにてお確かめください。
小牧市公式ホームページ
小牧市の防犯対策

小牧市は愛知県ではじめて防犯カメラ導入への補助金事業を実施した市であり、現在でも、上記の通り防犯対策への補助金制度が充実しています。
戸建て住宅についても、小牧市防犯対策補助金交付制度にて自宅とへの防犯対策として補助金が支給されることがあります。
小牧市に住民登録があり居住している世帯の方は、防犯カメラを導入する際、適用があるかどうかお確かめください。

参考:小牧市ホームページ「小牧市防犯対策補助金交付制度」より

小牧市の防犯カメラ活用

小牧市では小牧市の方々が防犯カメラ等防犯対策を実施する際の補助金制度を整備するほか、小牧市で学校に通う子どもたちが安全な生活を送れるよう、小牧市にある小学校の通学路に防犯カメラを取付けています。
防犯カメラの設置台数等詳細については小牧市ホームページをご確認ください。

参考:小牧市ホームページ「通学路防犯k前らの設置について

防犯カメラの7年保証あんしんメンテナンスパック

防犯カメラを長期間ご利用していただくためのサービスです。自治体や商店街などでは、防犯カメラを設置させていただく際に、この「あんしんメンテナンスパック」への加入をおススメしております。