防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ > 緊急時110番通報システム

緊急時110番通報システム

緊急時110番通報システム」は強盗や暴漢が現れるなどの異常事態が発生したときに警察機関(110番)へ自動的に通報するシステムです。

非常事態に落ち着いて110番へ通報することはとても難しいことです。
電話機で110番をダイヤルする場合と比べて、この110番通報システムは最優先での対応が確立されており、一分一秒を争う緊急時には大変有効な設備です。

110番通報システムのご利用の主な流れ

1. ボタンを押す

緊急事態発生時に110番通報システムの非常用ボタンを押すだけで自動的に動作を開始します。

2. 自動的に110番通報

あらかじめ録音しておいた建物名称や所在地など110番通報システムが設置された場所を、110番通報装置(ECP100)が各都道府県警察の通信指令室へ素早く110番通報します。

3. 警察官が急行

通報を受けた通信指令室から最寄りのパトカーや警察署・交番へ指令が発せられ、警察官が現場へ急行します。
同時に通信指令室から逆信電話(折り返しの確認電話)が入りますので、答えられる場合は落ち着いて状況説明をしてください。

110番通報システムの特徴・主な機能

  • 110番通報装置(ECP100)は一般加入回線(アナログ電話回線)に接続し110番通報を行います。
  • 非常用押ボタンを押すことにより、110番通信指令室へ通報し、固定音声と録音メッセージを送信します。
  • 110番通信指令室からの逆信(通報先の110番通報装置への折り返しの確認電話)により110番通報装置(ECP100)を鳴動させ、ハンドセット応答で通話ができます。
  • 110番通報の動作は110番通報装置(ECP100)に備えられているLEDにより確認できます。
  • 通報状態表示器(SU850)やブザー(SB12A)をにより、緊急事態を周囲に知らせることが可能です。
  • 110番通報が終了したときに、近隣通報(登録しておいた電話番号へ110番通報を行った旨を知らせるための音声通報)を行うことができます。
  • 110番通報が終了したときに、遠隔監視センターへ110番通報を行った旨を知らせるための通報などをデータ方式で送信します。
  • 非常用押ボタンの故障、停電時および停電の復旧時、電池チェック異常などを検知した場合や定時時刻に遠隔監視センターへ通報することができます。
  • 常時電源としてACアダプターにより家庭用電源と接続し、停電時は内部実装の停電用電池でバックアップ動作ができます。
  • 110番への試験通報機能を搭載しています。

システム構成(運用イメージ)

110番通報装置と主な周辺機器

110番通報装置「ECP100」

110番通報装置 ecp100

通報装置と逆信受理用電話機の双方の機能を兼ね備えている受話器です。非常用ボタン押下により、緊急事態発生を素早く通知するとともに、通報状態表示器により通報動作の確認が可能。
制御部と受話器を一体型にすることで以前の機種に比べ省スペース化、軽量化を実現しています。
狭い場所でも容易に取り付けが可能です。強盗などの異常事態が発生すると、警察機関(110番)へ自動的に異常内容(音声合成音)を、一般加入回線を使用して通報動作を行います。
異常事態の内容を通知するとともに、通報状態表示器により通報の状況を表し、ブザーを鳴動させ事件を周知させることも可能です。非常押しボタンの押下により、110番指令室へ通報し固定音声と録音メッセージ(所在地などをあらかじめ録音)を送出します。
110番指令室からの逆信(110番指令室が通報を受信し、通報先の110番通報装置に電話をかけてくる動作)により、本体を着信鳴動させハンドセット応答で通話ができます。
本体に発報確認LEDを備え、110番通報の動作を本体で確認できます。
本装置は常時電源としてACアダプタを接続し、停電時は内部実装の停電用電池でバックアップ動作が可能です。

非常用押ボタン「EK51」

非常用押ボタン ek51

押し破りカバーを備えた押ボタンです。この押し釦は110番通報システム以外でも利用することが可能です。
銀行窓口の座席の下側奥やなどに設置することが多く、押す動作が強盗などから見えにくい位置に設置することも多いです。
防水構造となっていませんので、水が直接かかる場所に取り付けないでください。一度押すと外側のプラスチック部分(蓋の部分)が破損しますので取り換えが必要です(有料)。

電子ブザー「SB12A」

電子ブザー sb12a

非常事態発生をブザー音にて知らせることができます。威嚇や異常報知にとても便利です。
もちろん複数台設置することも可能です。サイズは小さいですが75デシベルの音量で報知や威嚇を行う装置として様々な場所で使われている商品です。

通報状態表示器「SU850」

通報状態表示器 su850

110番への通報、通信指令室からの逆信にてランプが点灯し、非常時に通報の状態を確認できます。
通報状態を表示するこの機会はは、一般的にカウンター内に設置し、来店客からは見えない位置に設置するのが一般的です。
カウンターの真上にオフィス側に向けて天井部分に取り付けます。全国の郵便局、銀行などにこの機器は設置されています。

ターミナルボックス「ECP-TB」

ecp-tb

保守点検を効率的に実施するための端子ボックスです。110番通報システムは、毎年点検が義務付けられています。110番通報装置(ECP100)⇔周辺機器接続用の中継端子台です。点検時にこのターミナルボックスが必要です。

防犯ステッカー「BST110」

防犯ステッカー bst110

通報装置が作動中であることを知らせるステッカーです。強盗などへの抑止力として店舗の出入り口に貼り付けます。強盗の入りづらい環境づくりに一役かいます。

110番通報について

「110番」は事件・事故などの緊急通報のための専用ダイヤルで、通報を受けると直ちに警察官やパトカーが現場に急行する仕組みになっています。

たとえば愛知県では、警察本部の通信指令室が愛知県内からの110番通報を全て受信して、管轄警察署、パトカーに事件・事故等の発生を知らせ、的確に対応させるための指令を行っています。
事件・事故に遭遇したときは慌てず焦らず110番をして、担当の警察官の質問に答えるようにしてください。

また、緊急でない相談事等を110番にされると、緊急の事件や事故への対応が遅れる原因になってしまいます。
緊急時110番通報システムをご利用の場合も、緊急度合いが高い場合のみシステムを利用するようにしてください。

110番通報システム設置対象について

110番通報装置は、どんな場所でも設置ができるわけではありません。
公共性のある場所に限られており、警察から承認のおりた場所のみで設置が可能です。以下の業種で設置実績があり、そこからどんな場所に設置が可能かがわかります。

  • 金融機関
  • 電気、水道、ガスなどインフラ施設
  • 市区町村などの行政機関
  • 駅、およびその関連施設
  • 高速道路料金所
  • 病院
  • 保育園、幼稚園

Line友だち追加