防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

防犯カメラセンターで防犯カメラの設置工事

トップページ求人情報 > 社員インタビュー >社員インタビュー case4

2021年1月18日更新

社員インタビュー
(2018年新卒入社)
【企画営業】

藤井さんトップ写真

2018年4月に新卒入社した営業担当のインタビューです。
明るくて茶目っ気たっぷりなキャラクターで、周囲を元気にする藤井さん。ある大きな工事をきっかけに仕事のやりがいや楽しさを知り、自分なりの仕事のポリシーも持てるようになったそうです。
学生時代をスポーツに捧げた、体育会系な後輩が入社してくる日を切望しているとのこと。

仕事について

藤井さん仕事風景1

ーー今の仕事内容をざっくり教えてください。

お問い合わせをくださったお客様から、電話でいろいろとお話を聞かせていただき、現地調査にお伺いする。現地で得た情報をもとにお見積書を提出し、契約となったら工事、そして、施工後のメンテナンスという流れで仕事を進めていきます。
最初のコンタクトから施工後のメンテナンスまで、一貫して1人の営業が担当する点がトリニティーの特徴です。

ーー心がけている姿勢はありますか?

電話対応では、お客様のご質問を聞き漏らさないこと、ご質問1つひとつに的確かつ分かりやすくお応えすることを意識しています。

それから、営業行為全体において大事にしていることとして、お客様から「ありがとう」と言っていただける行動を心がけています。契約につながってもつながらなくても、
「来てくれてありがとう」「話を聞いてくれてありがとう」
そう言っていただけるよう、お客様の不安やお悩み解消に役立つ知識や経験を増やしていきたいです。

仕事のやりがいを知ったきっかけは、
入社2年目の工事

ーー思い出深い工事があるそうですね?

はい。入社2年目の3月に担当した工事です。その工事が、仕事への向き合い方を変えるきっかけになりました。

それまでの僕が関わったことないほど規模の大きな工事で、大手の企業様ゆえ規則の厳しいお客様でした。
事前準備を入念に行い、工事現場では工事会社さんと声を掛け合って最新の注意を払いながら実施。

頭や胃が痛くなるほど神経がすり減る思いをしましたが、だからこそ、無事にやり遂げたという事実が大きな自信になりました。
仕事に対して誇りややりがいを実感できるようになったり、自分なりに仕事へのポリシーを持てるなったのは、この時の工事がきっかけです。

藤井さん正面写真

トリニティーは、webサイトを通じて新規のお客様から毎日お問い合わせをいただきます。
個人・法人を問わずさまざまなお客様と接することができる環境が、僕を成長させてくれています。

工事の内容について

ーー個人のお客様と法人のお客様、どちらの担当が多いですか?

どちらかといえば法人のお客様の方が多いですが、だいたい半々くらいです。

ーー工事をする上で気を付けていることをおしえてください。

まず大切にしているのは、お客様の負担をできる限り減らせるよう事前準備を怠らないことです。施工時間の短縮、お客様の希望通りのシステム構築のために、入念な事前準備は欠かせません。

それから、法人のお客様のケースでは、ルールの遵守にもかなり気を使っています。例えば、脚立の使い方、あいさつの仕方、歩き方、服装など、詳細にマニュアル化されていることも少なくありません。工事会社さんと声を掛け合いながら、遂行しています。

藤井さん正面写真

機器の選定、工事日の設定、施工業者さんの配置など、工事の段取りはすべて営業の仕事です。大変な分、やり遂げた時の達成感も大きいですよ。

藤井さんについて

藤井さんと兼松社長

ーー藤井さんがトリニティーに入社した経緯は?

中学生時代の野球のコーチが兼松社長と知り合いで、その方を通じて紹介していただきました。

ーー知り合いから直接兼松社長を紹介してもらったということですね?

はい。僕、みんなと同じルートで就職活動をするのがどうしても嫌だったんです。
『人と違うことをしたい』『人が経験できないことをしたい』『普通の経路では見つからないような変わったところに就職したい』
という気持ちが強くあって、中学時代からお世話になっているコーチに相談して、トリニティーを紹介していただきました。

藤井さんに入社を決意させた
兼松社長の魅力とは

ーー入社を決めたのは兼松社長に惹かれたからだとか?

そうです。僕が入社を決めたのは、兼松社長の人柄や、兼松社長が話してくださる会社の未来像に魅力を感じたからです。

兼松社長の明るくて前向きな人柄、いい意味で型に縛られていない、自由にやりたいことを実現していく勢いがすごく魅力的に感じました。

それから、自ら創業した会社を『こういう規模の会社』『こういうことができる会社』にしていきたい、という内容を、僕にもイメージできるようわかりやすく言葉にして伝えてくれたことも大きかったです。会社の将来性に期待できると思ってワクワクしました。

トリニティーへの就職を考えている方へ

防犯カメラや設備についての事前知識は無くても大丈夫です。パソコンのスキルも(あるに越したことはないですが)無くても大丈夫。

必要なのは、ガッツです。
機器のことや工事のことなど覚えることがたくさんあるので、あきらめずに学び続けるガッツは絶対にいるかと思います。

それから、トリニティーの営業では協調性も重要になります。営業担当が一貫してお客様のサポートをできるといっても、書類作成や工事の手配などで、社内外のたくさんの人と連携しなくてはいけないからです。
みんなで協力することが好きな方だと、ストレスなく続けられるのではないでしょうか。

トリニティーは、やりたいことがある人を全力で応援する会社です。営業だけではなくて、人事やマーケティングなど幅広くスキルを身に着けたいという要望があったら、きっと、聞いてもらえますよ。

藤井さん正面写真

僕個人としては、自分が小中高大と野球に打ち込んできて今も少年野球のコーチをしているくらいスポーツ好きなので、同じように体育会系の後輩ができたら嬉しいな、と思っています。